プライバシーの大切さ

プライバシーのない世界

突然ですが、あなたはプライバシーがない世界を想像できますか。最近はネットで世界のだれとでもつながることができるSNSがあったり、ネットのニュース欄を押すだけで、世界のニュースまでもが一瞬で見れるようになっています。そんな現代では、情報が売れるようになっているのです。生年月日、メールアドレス、住所や電話番号などが売られるということが現実に起こっています。このようなことが起こっている今では、自分の手で自分の情報を守らないと、あっという間に個人情報が漏れてしまうのです。

個人情報を他人などに教えない

最近では、あらゆる手口で個人情報を盗もうとする人が増えています。例えば、あるネットショッピングサイトで個人情報を入力するとそのサイト事態が偽サイトで、商品も届かずに個人情報だけ抜き取られたケースやサイトのバナーをクリックしただけで、個人情報を教えないとウイルスを流すといった内容の脅迫メールを送ってくることもあります。ここで大切なのは、自分が信頼できると思ったサイト、または多くの方が利用している実績のあるサイト以外には個人情報を記入しないことなのです。

他人の個人情報を流出しないために

今ではほとんどの方がスマートフォンを持たれていると思います。しかしそのスマートフォンには、友人の電話番号やメールアドレスなどが登録されているため、使い方や管理方法を誤ると、友人や他人にも迷惑をかけてしまいます。ここでの対策は、万が一スマートフォンをなくした時でも他人に中身を見られることのないようパスワードを設定してロックをかけておくことです。さらにそのパスワードも、身近な人に知られてしまって、知らないうちに中身を見られる可能性もあるので定期的にパスワードを変更するとなおよいと思います。

企業にて機密文書の取り扱いルールを明確にし、社員にそのルールを周知しておく必要があります。それにより、機密文書の情報漏洩を防止します。