より良いタクシー運転手になる!どうすれば良いの?

スムーズな道案内は必要不可欠

より良いタクシー運転手は、スムーズな道案内が必要不可欠です。スムーズな道案内ができれば、移動時間を少なくできますし、移動時間が少ないということは料金も安くなるということです。タクシーの運転は常連のつく仕事ではないので、なるべく時間を稼いで運賃を高めようとしがちですが、これでは良いタクシー運転手にはなれません。カーナビばかりに頼るのではなく、担当エリアの道や建物名を網羅して臨機応変な運転ができると良いです。

丁寧な接客も重要です

タクシー運転手は、お客様を目的地まで乗せれば良いという訳ではなく、状況に応じてコミュニケーションをとらなければいけません。相手が仕事終わりで疲労困憊であれば、察して無言を通すのも有効ですが、そうでない場合車内を無言で過ごすと無愛想な運転手だと判断されます。何気ない会話の中にオススメのお店や観光スポットを織り交ぜると、お客様から良い評価を得られます。暗い車内より明るい車内の方が断然良いですし、気まずくありません。

英会話能力も時には必要

タクシー運転手は、何も日本人だけを乗せる訳ではありません。現在日本は観光で訪れる外国人が多くなっているので、外国人を乗せる機会があるかもしれません。その時に英語が話せないとお客様を失うことになりますし、即ちそれは売り上げに悪影響を及ぼすことです。英会話ができれば次々と外国人観光客を乗せることができ、通常では考えられないほどの売上が出せるかもしれません。絞るターゲットを意識するだけで、良い結果に繋がります。

運転手派遣のサービスを専門とする業者では、ベテランのドライバーの教育制度が充実していることが人気の秘訣です。