広告エリアを限定して少ない費用で大きな広告効果得る!ビラ配りの魅力

広告を出す時には費用対効果を考える

広告はただ出せば良いというものではなく、費用対効果をしっかり考えて行く必要が有ります。例えば町中にたこ焼き屋をオープンした時に、そのお店を広告するために全国規模のテレビCMを流したとしても、それはお金の無駄になってしまうことも多いです。確かにテレビCMを流せば、それだけ多くの方がお店を知ってくれますが電車に乗って他県から来るということは考えられませんので、あまりに高額のテレビCMのための広告費用は無駄になってしまいます。

ビラ配りならばお店の周辺の人に知ってもらえる

と、そこで役立ってくるのがビラ配りというサービスです。ビラ配りもしくはポスティングをしてお店の広告チラシをお店周辺にばら撒けば、お店へ足を運んでくれる顧客の獲得が出来る可能性が高まります。また、テレビCMのように高額の広告費用を必要としないのもビラ配りのメリットです。必要なのはチラシの印刷代金と、それを配達してくれるポスティングスタッフなどの人件費だけとなります。費用対効果を考えるならばビラ配りを活用しましょう。

新聞の折込チラシに入れるという方法も有る

また、お店の前に立ってビラを配る方法の他に、新聞の折込チラシに入れるという方法も有ります。新聞の折込チラシも同様に、指定したエリア内の一般家庭のポストに広告チラシを入れることが出来る手段です。さらに依頼をしたら直ぐに朝刊のチラシの中に折り込んでくれるので、スピードも速いというメリットも有ります。お店の広告を出す時には新聞の折込チラシを活用して、よりスピーディーかつ経済的にお店の広告をしていきましょう。

ポスティングとは戸建住宅や団地の郵便ポストに飲食店や不動産などの宣伝用のチラシを投函することをいいます。