ヘアカットで失敗しないための3つのポイント

なりたいイメージは細かく説明しましょう

ヘアカットをする時に、こんな風にしたいというイメージは誰でも持っていますよね。ただ、希望のヘアスタイルが写っている写真を持参しても、失敗してしまったという経験はありませんか。実は、漠然とし過ぎていて、対話が足りないことが原因です。一人一人、同じヘアスタイルを見ても、抱く印象は異なりますし、そこから思い描く事は様々です。そのヘアスタイルのどこが好きなのか、どんな印象を受けるのか、そういった細かい部分までも、うまく伝えられることが必要です。

要望はしっかりと伝えましょう

ヘアカットで失敗しないためには、長さや毛量調節など、これだけはしないで欲しい、ここだけはこうして欲しいなど、要望については、きちんと伝える事も大切です。一見、希望のヘアスタイルと関係ないようなことでも、カットを作って行く上ではヒントになる事もあります。髪質の悩みであったり、毎日のスタイリングの事であったり、些細な事と思われるかもしれませんが、カットをする前に、どれだけ多くの事を伝えられたかによって、仕上がりにも差が出て来ますよ。

再現のし易さも考えましょう

ヘアカット直後は、セットまでしてもらえるので、出来に満足する人は多いと思います。けれど、家に帰った後や、翌朝に同じ様に再現しようとしてもうまく出来なかったという経験はありませんか。自分でも、サロンと同じ様に再現出来てこそ、ヘアカットは成功だと言えます。再現性があまりにも低いタイプのヘアカットを選んでしまったり、不器用なために、再現するのに時間がかかってしまうというのは、とても惜しいですよね。自分にとって再現性が高いかどうかということまで考慮すると、ヘアカットので失敗はかなり減らせますよ。

ヘアカットの1000円のメリットは価格が安いだけでなくカットするスピードも早く、駅前に店舗を構える店が多いので利用しやすいところです。